Appleのマジックキーボード(スペースグレーモデル)買ってみた!

こんにちは、ゆるはちです。

件名の通り、買ってみました!スペースグレーモデル。いやー、ヤバいテンション上がります。いやっほー!カッコいいー!サイコー!

無駄にテンションが上がってます。レビューにならないので、ここからは真面目にレビューします。

外装

こんな感じです。シンプルですね、Apple製品は。初めて見たときの所感は、ながーい!です。キーボードってこんな長いものでしたっけ?全長が長いのは、スペースグレーモデルはテンキーがついている(テンキー無しモデルはない)ためですが、厚みもないから余計そう感じるようです。

Magic Keyboard

電源を電池からバッテリーに変更したため薄くなっていますが、あまりにも薄過ぎて打ちにくいのではないかとぱっと見感じました。軽いところはいいですけど。

同梱物

充電やパソコンにキーボードを登録する際に利用できるUSB-A、ライトニングのケーブルが付属しています。充電に使うんだろうなーと思っていましたが、他の方のレビューを見ていたらパソコンにキーボードを認識するためにも使えるそうです。めっちゃ便利ですね。bluetooth接続自体の設定はWi-Fiなどと異なり、特に難しさを感じるものではありませんし、時間がかかるものでもありませんが、ペアリング自体は面倒な作業でしたので指したらOKというのは劇的に便利な感じがします。ありがたやー、Apple様のUXに関する拘りは素晴らしいですね。同じIT業界で働く人間として素直に尊敬します。

同梱物

質感

色は濃過ぎず、薄過ぎず、絶妙です。真っ黒だと、あぁそうね、ありがち的な硬派な機材という感じになりますし、薄過ぎてもシックな感じがなくなってしまうため、高級感保ちつつ、マニアックな感じもしない大人な色合いです。

質感

これは人気出るだろうなーと感じる一品です。macbookにある色と一緒でしょと言う感じもしますが、黒ベゼルのディスプレイと合わせるととてもいい感じです。ちなみに自分の持っているmacbookはシルバーで統一しています。スペースグレーが悪いわけではないんですが、黒々としてしまって軽やかさがない感じがするためです(あくまで個人的な見解です、元が軽やかなできる系のビジネスマンが持ったら、めっちゃカッコいいんだと思います・・・)。

質感2

接続は?

無線キーボードですのでBluetoothの設定からペアリングを行い繋いでという一手間必要そうですが、同梱物のところで書いたとおり、付属のUSB-lightningケーブルでmacと繋ぐと、あら不思議、自動で認識してくれます。この意識させない感はさすがの一言ですね。

一つだけ文句言うと、USB-Aのケーブルなので最近のmacbookだとUSB-Cの変換ケーブルが必要ですけどね・・・まぁmacbookに増設というより、imacからの買い替えがメインターゲットなのかもですので、ここは特にマイナスではないっす。

バッテリーは?

バッテリーの持ちは大したものです。簡単にはなくなりません。1日2、3時間作業して1%ぐらいしか減りません。さらに一旦Bluetoothでペアリングすると、パソコン上でバッテリー残量も見ることができるようになりますので充電時期も目で見ることできますので非常に便利です。

使い勝手

初めて見たときには、こんなに薄っぺらで打ちづらくないだろうか?という疑問がありましたが、打ち始めて全くそれは気にならない!キーストロークもきっちりあって打ちやすい!

タイプ音もほとんどしない・・・テンキーも以外に便利じゃないか・・・

あれ・・・イメージと違う。すごく使いやすい!

ちょっと意外でした。見た目で判断してごめんよ、Apple。やっぱりアッポーさまは、UXの達人。しっかり使い勝手も考えられてました。

macbookをクラムシェルモードで使うと、キーボードからスリープ解除もできます。

まとめ

マジックキーボードはお値段13,800円(税別)で高いのに、スペースグレーモデルは色違いで15,800円(税別)と相当なプレミア価格。まぁ、ゆるはちはPFUのHHKBの高級モデルも使っていたので、別に驚きはしませんでしたが、普通に買うキーボードの値段じゃないよねというのはあります。

そんな高級モデルではありますが、マジックキーボード(スペースグレーモデル)は、相当オススメです。

  1. 使い勝手よし(おしゃれなだけではない)
  2. 高級感あってよし(所有感あり!これ重要)
  3. 電池持ちよし(ワイヤレスが活きる〜)

imacをすでに持っていて、買い増しというのはお値段的にちょっと厳しいと思いますが、macbookをクラムシェルモードで使うためキーボードを探しているとか、mac miniのキーボードを探しているような方には、ちょっと奮発してでも使ってみると違いがわかる漢になれますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする