UBP-X700買ってみた!

こんにちは、ゆるはちです〜

買いましたよー、UBP-X700。Ultra BDを再生できるブルーレイプレーヤーです。ブルーレイ以外にも、最近再生できる機材が減ってしまったSACDなんかも再生できます。他にNetflix、Youtube、Hulu、amazon videoなどを見ることもできますし、DLNAクライアントとして他サーバーに保存されているデータを再生する機能もあります。ブルーレイプレーヤーの名を借りたネットワークオーディオプレーヤーですね。

UBP-X700

開封するとこんな感じです。リモコン、電源ケーブルが入っています。リモコンはコンパクトで使い勝手良さげな感じです(テレビのリモコンからHDMI経由で操作しますので使いませんが・・・)。電源ケーブルは、まぁこんなものかという普通の電源ケーブルです。

UBP-X700開封

リモコン

電源ケーブル

取り出すとこんな感じです。ULTRA HDの表記が眩しいですね。本体は1.4kgですので、めちゃ軽いです。

取り出したUBP-X700

取り付けを行い、早速起動させてみました。レスポンスは良好です!とっても良い感じです。最近のソニーはUIに汎用OSを使っているため、テレビを筆頭にレスポンスが悪いものが多いですが、UBP-X700はキビキビ動きます。これはとっても好印象です。

画面はシンプルイズベストで大したことはできませんが、操作に拘る製品でもありませんので、全く問題なしです。

Ultra BDは、「君の名は」を買ってみました。再生してみましたが、画面は非常に滑らかで良い感じです。ディテールまでくっきりしているので、モヤモヤ感がないです!音質の方も必要十分といった感じ。音の再生に拘る専門機種ではありませんので高級部品は利用されていませんが、HDMI経由で出力しますので音の変換はDAC次第で十分な音質を得ることが可能です。一応、音声専用HDMI出力というのもついていますが、通常の利用では映像信号と兼用で問題はないと思います。

まとめ

勢いで買ってはみましたが、実際使っているのかと言われると使用頻度は低めです。Ultra BD自体のソフトがまだまだ少ない&高価なためです。お手軽に4K放送を楽しむのであれば、AppleTVで4K映画を購入した方が安くすんでしまいます。

では、いらないのか?と言われると、そんなこともありません。SACDやCD再生もできますので、CDプレーヤー代わりに使うこともできますし、マルチメディア機能を使ってネットワークオーディオプレーヤーとしての機能もありますので、これ一台あれば結構便利なマルチプレーヤーとして使うことができます。

なんでもありの一台として一台持っておくのはオススメです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする