B&W 684s2買ってみた〜

こんにちは、ゆるはちです〜

B&W 684s2」買ってみました〜

684s2

今までDENONのお安いトールボーイのスピーカーを使っていましたが、なかなか資金が貯まらずでしたが、メルカリでいろいろ売却したら資金をゲットできましたので、本格的なスピーカーにチャレンジ!

憧れブランドB&W(Bowers & Wilkins)の684s2です。600シリーズはB&Wの中では、一番リーズナブルなプライスレンジの製品群です。ピュアオーディオの世界は、ピンキリですので、リーズナブルと言ってもかなり高額ですが、800シリーズ、700シリーズに比べると600シリーズは入りやすい価格帯です。

購入は、ビックカメラさんでさせていただきました。B&W684s2 ブラック・アッシュ 160,034円!ポイント10%(16,004ポイント)〜。実質144,030円。

684s2を開封!

佐川のお兄さんが汗かきながら運んできてくれました。ありがとうございます!

684s2箱

重量は14.2kg。エアコンの効いた室内で移動させてても汗出ちゃいますねぇ。とはいえ、はやる気持ちを抑えられないので、汗かきながらスピーカーを開封。

684s2_2

684s2_3

しっかりとした台座がついていますので、スピーカーの底部に台座を固定して設置します。スピーカーケーブルはバイワイヤリング対応ですが、とりあえずシングル接続でいきます。

684s2_4

音質は?

視聴環境ですが、音楽を聞く以外にもいろいろと利用しますのでアンプはヤマハのAVアンプ、RX-V583を使っています(↓のAVアンプ)。設置スペースの関係上、奥行きを取れないため薄型アンプです。以前はマランツの中型機使っていたんですが、それに比べるとちょっと残念なところはありますが、結構良い音を鳴らしてくれます。

RX-V583

スピーカーケーブルは、ド定番のスピーカーケーブル、ベルデン9497を使っています。

9497

ベルデン9497経由でRX-V583につないでみました。RX-V583の設定は大きくいじらず、まずはノーマルな設定で聞いてみましたが、高音、中音、低音がスムーズに伸びる感じで、聴き疲れしない感じの音が鳴りますね。エイジングしていくとさらに良い音になっていくそうですので、しばらく鳴らしてみて音の変化を見てみたいと思います。

音楽

低音がちょっと弱いという評判でしたが、低音ガンガン利かすのは好きではないので個人的には悪くない印象です。

まとめ

エイジングした後の音の変化も楽しみですが、今の状態でも十分に良い音で鳴らしてくれますよー。音楽を聞くのが楽しみになります。買ってよかったー!

お値段的には気軽に買えるようなスピーカーではありませんが、高音、中音、低音をバランスよく鳴らしてくれます。マルチメディア利用にも良いですし、本格的なピュアオーディオの世界に一歩踏み込むなら、オススメですよー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする