Dahon Route(2020)レビュー!

こんにちは、ゆるはちです〜

今日のレビューは、Dahon Route 2020年モデルです!おしゃれな折りたたみ自転車。乗ってる人は、おしゃれじゃないですが・・・

基本スペック

タイヤサイズは、20インチ。色は、マットブラック、クラウドホワイト、ルビーレッド、コバルトブルー、ピュアシルバー、フォレストグリーンの6色。

7速変速、Vブレーキ。重さは、12.2kg。ギリギリ持てる?人によるかもしれませんが。

前傾姿勢になりすぎず、リラックスして乗れる街乗り仕様。

お値段は、約5万です。

感想

折りたたみ自転車業界?では、エントリーモデル。と言っても実売5万円くらい。自転車に凝っている人たちからすると、激安モデルらしいですが、ママチャリの延長線上で考えている自分に取ってみるとかなりのお値段。

じゃあ、なんで買ったねんというと、折りたたみ機能に引かれたんですよね。自転車置き場も一応あるんですが、野ざらし放置しておくとすぐにサビサビだよねというのもあり、二の足を踏んでいました。

折りたたみ自転車なら、折りたたんで室内に持ち込めるんで良いんじゃない?というのがあって購入してみました。

操作性能は?

ちょっと高性能な小型自転車かな。20インチのタイヤを履いてます。折りたたみ自転車だと、もっと小型のタイヤサイズのものもありますが、タイヤサイズはハンドリングに大きな影響を与えるので、小型すぎるのは避けた方がいいかなと思ってます。

20インチでもママチャリと比較すると、かなりクイックというか不安定さがあります。平坦な道を走るのであれば、全く問題ないですが、坂道でスピードが上がるようなところやデコボコ道はかなり気を使います。慣れもあるとは思いますが、ママチャリ感覚で乗っていると簡単にコケそう。

ミニベロ型の自転車は、おしゃれだし、見た目重視で購入される方は多いと思いますが、ちょっとした段差でもコケやすいよ!というのは言っておきたい。

自転車紹介サイトだと悪いことは、あまり書いてないんですよね・・・そりゃそうかとも思うし、自転車好きの人たちから見れば、その辺まで含めて愛しなさいなのかもしれませんが、おしゃれな格好で乗って、スコンとコケると辛いので、ここは購入する前に意識しておこうということあえて書いておきます。

ミニベロとはいえ、7速の変速機構もあり、思ったよりスピード出ます。ネットだと、ギア比を変えないとスピードが出ないというような記載がありますが、あれは半分正しく、半分間違い。

ママチャリ基準だと、十分すぎるほどスピードが出ます。スピード出ないよと言っている人たちは、自転車ガチ勢。30kmとか出したい人たち。Routeはしっかりとした自転車なので、スピードを出すことは可能ですが、タイヤサイズの関係でスピード上げすぎは注意。

ヘルメット、グローブ等々、しっかりと武装した上で、サイクリングロードのような舗装路を走るならいいですが、その辺の道で加速しすぎると、痛い目みます。この辺はよくよくご注意を。

折りたたみ性能はどうなの?

優秀です。Dahonは初めて折りたたみ自転車を開発した会社で、Dahonの折りたたみ機構は他社も真似しているというだけあり、ここは秀逸。

慣れれば1分もかからず折りたたみできますよは嘘ではないです。購入したときは、ちょっと戸惑うかもしれませんが、2、3回折りたたんで見れば、もう迷わないです。

実際の折りたたみ方法は、こちらのYouTube。折りたたみの注意点については、こちらを見ておくといいです(購入はYouTubeにあったベストスポーツさんで購入させていただきました、ネットでの購入でしたが整備も比較的しっかりされていて良かったです)。

折りたたむと↓な感じになります。

快適さは?

サドルがちょっと微妙。自転車サドル問題。こだわり出すと、ここもいろいろありますが、あくまで普通に乗りたいニーズ的で考えてます。

Routeのサドルは、思っていたよりクッションがあるんですが、なぜかあまり効果がない。位置調整してみましたが、うーん、あまり変化がない。簡単に交換ができるので、合わないという人は交換した方がいいかも。

自転車の部品は、そんなに高くない(ものによりますが・・・)ので、いろいろ試してみても良さそう。ハマりすぎないように・・・

メンテナンス性は?

まだ、購入して日も浅いので、何かが壊れたはないのですが、日常的にメンテする空気圧は、英式の通常のママチャリと同じ仕様になっていますので、特に問題ないです。

ブレーキの効きがとか、そういったメンテナンスも、近くの自転車屋さんでもやっていただける日常使いができる自転車なので、自分でメンテできないと辛いというようなことはないです。

まとめ

街乗り用おしゃれ自転車として、割り切って乗る分には不満ないです(サドルだけ交換したい・・・)。お値段5万は、街乗り用としてはちょっと高いようにも思いますが、この今のご時世、運動不足にもなりやすいですから、ソーシャルディスタンス、マスクのケアをしつつ、近くを軽く自転車で流してみるのはオススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする